MENU
CONTACT

アナトミートレイン第一弾!~SBL~

こんにちは!

自由が丘、奥沢のパーソナルトレーニングジム、Dr.トレーニングの安達です!

 

今回からは『アナトミートレイン』についてシリーズ物でお届けしていきます❗️

アナトミートレインとは何か?

簡単にいうと筋肉のつながりです!

 

 

第一回目は

スーパーフィシャルバックライン(SBL)

 

主に背面の連結となっており、伸展と過伸展がメイン作用となる

人は屈曲した状態で生まれてくることからこのラインが強化されてこないと直立することができない。

<概要>

足底から膝、膝から眉までの2つがメインになってきます。

<足底から膝>

  • 足の裏の足底筋膜

  • 踵骨

  • アキレス腱

  • 腓腹筋

 

まず足裏にある足底筋膜が踵骨に付着をするのだが、ここで一つチェックポイント

ここの距離が1:5になっている人は足底の柔軟性が失われており、これによってS B L全体が伸長されます。

 

*本来は1:4 ~1:3程度

 

その結果この湾曲が激しくなり腰椎の過伸展などが起こり腰痛になってきます。

 

そうして腓腹筋へといくのですが、腓腹筋とハムストリングスがつながる条件が“膝を伸展していること”つまり膝を伸ばしていることとなってきます。

 

<膝から眉>

ハムストリングスから脊柱起立筋にいくのですが、ここで仙結節靭帯を挟んでいます。

そこから脊柱起立筋を通り最終的に眉頭まで到達します。

途中の首あたりにある後頭下筋群は眼球の動きと関わりがあるので目を動かすとこの筋も動いてくる

 

S B L応用編

せっかく知ってもどう使うかわからなければ意味がないですよね?

 

  • 足底の緊張をとる

足の裏の足底筋膜をゴルフボールなどでコロコロするだけでS B Lの緊張が取れて前屈も実際に結果がでやすくなる

 

  • 前屈

学校の体力テストでやったような前屈をする時に股関節の屈曲だけでなく、首とお腹も一緒に丸めて上げることでSBLライン全体が伸長されゆるませることができます。

 

  • 目の疲れ

SBLの首の位置にある後頭下筋群と呼ばれる筋肉は目の動きと直接作用するためよくパソコンを見るという方はこの筋肉が拘縮しやすいので解してあげる必要があります。

 

今回はアナトミートレイン第一弾ということでスーパーフィシャルバックライン(SBL)についてお話ししていきました❗️

なかなか難しい話になってきますがこれらを理解することで体の悩みに対する考え方なども変わってきます!

 

是非自分で取り入れてみてください!

次回はスーパーフィシャルフロントライン(SFL)についてです!

 

以上、Dr.トレーニング自由が丘店 安達でした✨

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP