MENU
CONTACT

ダイエットの天敵といえばこいつ!

こんにちは!

 

Dr.トレーニング奥沢店、自由が丘店スタッフの安達です✨

自粛も解除されダイエットを始めようとする人も多いのではないでしょうか?

 

そんなダイエットで誰もが通る道である『ダイエットの停滞期』についてお話しをしていきます

 

ではなぜ体は停滞期に入ることがあるのでしょうか?

停滞期の原因と対処法

  • 生理周期

女性特有のダイエット停滞期になりますが、女性には月経が伴います。

この月経の前にプロゲステロンというイライラしたり、むくんだりする原因のホルモンが分泌されます。

このホルモンが分泌されることで体は汗をかいたり、妊娠に備えて脂肪を溜め込もうとすします。

その結果、交感神経が優位になりホルモンバランスや自律神経が乱れる。脂肪を溜め込むので痩せにくい。

 

<対処法>

これは必然で起こってくることなので考え方を変えるしかありません。

考えすぎてしまってもストレスを溜め込む原因になるので仕方ないと捉えることができるといいですね😊

 

 

  • カロリー不足

ダイエットは確かに 消費カロリー>摂取カロリーの関係が大原則にはなりますが、摂取カロリーが不足しすぎると体は“飢餓状態”だと認識し脂肪を溜め込もうとします。

 

また、体には恒常性といいその環境に慣れようとする機能が備わっています。

そのため急激なカロリーダウンは食事を戻した時に確実にリバウンドしやすいです。

 

<対処法>

例えば基礎代謝1500kcal + 生活の代謝600kcal

合計 2100kcalの人が1日に摂取する食事量が1000kcalとなってしまうとこれは確実に栄養失調ですので飢餓状態になり、体もメリハリがなく不健康です。

 

やるとしたらこの人の場合、1日の摂取カロリーをまずは2000kcalにしてみるなど、少しずつ始めることが大事です。

そうすることでもし停滞してきたらまた100kcal程度落としてみるなどしていけば無理なく痩せることができるはずです。

 

 

  • ストレス

空腹が続くと血糖値が下降気味になり、ストレスホルモンと呼ばれるものが分泌されます。

このストレスホルモンは筋肉を分解することで分泌している上に、体を守ろうとして脂肪を溜め込もうとします。

 

<対処法>

  • 朝にビタミンCを摂取

ビタミンCを摂取することで日中に出るコルチゾールというストレスホルモンの分泌を抑制してくれます。

 

  • 無理にダイエットしない

あまりにストイックになりすぎて全て完璧にこなそうとしてしまうとそれがストレスになってなかなか結果が出ないです。

トレーニング後には好きなものを食べる。

大好きなお酒はこの曜日は絶対OK!

など、自分を許してあげるのも大事です

 

 

まとめ

ダイエット停滞期は割とつきものでもあるのであまり気にしなくてもいいかもしれないです!

ただどうしても1人では痩せることができない。

体の管理をして欲しい!

 

という時は是非Dr.トレーニング奥沢店、自由が丘店へお越しください!

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP