MENU
CONTACT

腰痛とくびれは呼吸で改善!? 呼吸を正しくすることはメリットだらけ!!

こんにちは!

奥沢、自由が丘のパーソナルトレーニングジム Dr.トレーニングの安達です!

 

 

もうすっかり9月になってしまいましたね😭

ここからは涼しくなり始める季節ですので体調管理には気をつけてください❗️

 

さてさて、今回は“呼吸”についてお話ししていきます。

 

呼吸も色々です。

 

胸式呼吸、腹式呼吸、水の呼吸、日の呼吸(鬼滅の刃です)

 

皆さん何気なく行っている呼吸ですがしっかり行えないと様々なデメリットが発生します。

 

  • 腰痛

よく『腰が痛い』という悩みを抱える方がいらっしゃいますが、その多くは原因不明の筋、筋膜性による腰痛です。

 

そして痛くなる場所は主に腰椎にあります。

この腰椎が安定しないまま重たいものを持ちあげたらどうなるか、、、。

 

そりゃ腰痛めますよね😱

 

 

腰を痛めないためには?

この腰椎をグラグラさせた状態が良くないので、腹圧を高めましょう!

 

腹圧とは

簡単にいうと腹式呼吸でお腹が膨らみ、お腹の圧力が高い状態です。

 

これは肺に空気が入り込み、肺の下にある横隔膜が下へと膨らみます。

そうすることでお腹の中の圧力が高くなり、腰椎も安定されてきます。

 

この腹圧を高めた状態で重たいものを持ち上げたりすることで、腰のギックリなどを防ぐことができるので、腹式呼吸がしっかりできるだけでも腰痛はかなり防ぐことができます。

 

 

  • 自律神経の乱れ

実は呼吸が乱れると自律神経も乱れてきます。

 

近年はスマートフォンの普及により首を丸めて下を向く機会が増えました。

そうすることで気道の確保がしにくくなり知らない間に呼吸が乱れてきます。

 

〜深呼吸〜

呼吸は吐く時に副交感神経が、吸う時に交感神経が優位になると言われています。

つまり、緊張したりしたときは『吐く』方に意識を向けると落ち着きやすいです。

 

 

  • 肋骨が開く

肋骨が開いて何がいけないの?

と思う方。

 

くびれってどのような仕組みでできているか知っていますか?

 

実は『肋骨が内側に閉じる』ことが大事になってきます。

 

それに肋骨が開いた状態だと健康的な体ではなく、痩せ細った印象になります。

 

見た目を綺麗にしていくという面でも呼吸は大事になってきます。

 

〜letsくびれ運動〜

くびれを作る上で大事になってくるのはまさに“呼吸”です。

お腹の内側の筋肉『腹横筋』という筋肉は呼吸によって鍛えられます。

もちろん呼吸をしっかり行えばくびれができるわけでもありませんが💦

 

この腹横筋は鍛えていくほど内側にしまっていくのでよりくびれが作りやすいということですね!

 

 

 

 

まとめ

今回は呼吸についてお話ししていきましたが、生まれてからずっと行っている運動なだけあっていきなり改善するのは難しいのが事実です。

 

そんな時は我々パーソナルトレーナーにお任せください!

 

呼吸を整えて健康的な体、綺麗な体を目指していきましょう。

 

ご視聴ありがとうございました!

それではまた!

 

安達でした〜

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング奥沢店

奥沢の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング奥沢店〉

03-6421-9190

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢3-35-9 エスペランサ奥沢1階
>奥沢のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>奥沢のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP