MENU
CONTACT

聞いたことありますか?〜リーキーガット症候群〜

みなさんこんにちは!!

自由が丘、奥沢にあるパーソナルトレーニングジム

Dr.トレーニングの北です!!

 

もう9月か〜

なんて言ってたら、

 

すぐに9月終わってしまいましたね😂

 

最近は、もう半袖だと

肌寒いくらいです。。

 

季節の変わり目で、

体調を崩されている方が多くなっています。

 

みなさんは大丈夫ですか??

 

Dr.トレーニングに来てくださってる皆さまは

運動を習慣化されており、

 

免疫力が向上していますので

ご安心ですね🕺🏻

 

さて今回は

近年、にわかに注目を浴びている

 

「リーキーガット症候群」について

 

お話しさせていただきます。

 

皆さんにも該当する方がいるかも知れないので

最後まで読んでいってください!!

 

リーキーガット症候群とは

 

リーキーガットとは、

 

「漏れる」という意味のリーキー(leaky)

「腸」という意味のガット(gut)

 

2つの語句が組み合わさった言葉であり、

日本語では「腸もれ」と訳されることもあります。

 

 

ある一定の条件が揃うと

 

腸の細胞と細胞のつながりが緩んでしまい、

そこから腸の内容物が文字通り

 

「漏れる」状態のことを指します。

 

口から食道、

そして胃、腸、肛門は全て繋がっています。

 

その意味では「消化器官」は、

血管や筋肉、心臓や脳などの臓器と異なり

 

外部からの侵入物

に対して直接触れてしまう器官です。

 

そのため、

消化器官には腸内細菌をはじめ

 

様々な菌や毒素、

異物が常に存在している状態です

 

(脳や心臓、血管には通常、菌は生息していませんよね?)

 

胃や腸はこうした外部の

「体にとってよくないもの」が

 

体の内側に入り込むリスクを防ぎつつ、

有益な栄養素だけを取り込んでいます。

 

ですがリーキーガットを起こしていると、

 

細胞と細胞の隙間から腸の中にある

 

「食べ物の細かい成分」

「菌」

「悪玉菌が出した毒素」

 

これらが血管の中に漏れ出してしまい、

体の中を回ることになります。

 

 

当然、本来入り込んではいけないものを

取り込んでしまうことになるので、

 

体のあちこちに不調が現れてしまいます。

 

体に現れる(可能性がある)症状

 

実際には疾患と認められていないので、

「可能性がある」と書きました。

 

以下の症状は論文で報告されていたものになります。

 

症状の例

・肌荒れ

・アレルギー

・花粉症

・便秘

・肥満

・生活習慣病

・精神病

・自己免疫疾患

 

リーキーガットを起こした結果、

 

どこにどんな影響が現れるかは

正確にはわかっていません。

 

ですが

アレルギーをはじめとする免疫系への影響は顕著です。

 

本来あるべきではないものが入り込むことにより、

当然それを排除すべく免疫機能が働きます。

 

リーキーガットの状態が長く続くことは、

 

常に免疫に対してなんらかの

刺激が行われていることと同義です。

 

そのため、少しずつ

免疫機能に異常が現れます。

 

腸内では

「食べ物=栄養」として認識されていたものも、

 

想定外の状態で

体内に入り込むと免疫が働き

 

「抗体」が作られます。

 

すると、

次にその食べ物が入ってきた時に

 

過剰に免疫が反応してしまい、

アレルギー症状を引き起こす可能性が示唆されています。

 

他にも、身近な例で言えば花粉症。

 

昔はなかったのに、

大人になってから出てきた……

 

という方、要注意です。

 

 

慢性的なリーキーガット により、

免疫が誤作動を起こし始めているのかもしれません。

 

リーキーガットについてまとめてみましたが、

心当たりがある方はいないでしょうか。

 

次回は

 

リーキーガットが起きる

原因と対処法についてアップしていきますね!!

 

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

 

北宗真

JATI-ATI

JSA-CSPT

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP