MENU
CONTACT

聞いたことありますか?〜リーキーガット症候群〜2

みなさんこんにちは!!

 

自由が丘、奥沢にあるパーソナルトレーニングジム

Dr.トレーニングの北です!!

 

私ごとですが

先日自由が丘エリアに引っ越しをしました!

 

自由が丘エリアは

おしゃれで落ち着いていて

 

とても住みやすいですね😇

 

自由が丘店に通っていただいている

お客様に会うこともしばしば笑

 

見かけた際はぜひ、声をおかけください!

 

さて今回は

前回の投稿の続きですね。

 

「リーキーガット症候群」

がどのようにして発症するのか。

 

またどのように対処していくべきなのかに

ついれ紹介していきます。

 

リーキーガットが起きる原因

 

リーキーガットを起こす原因として

考えられているものは大きく二つあります。

 

・グルテン(小麦)の慢性的な摂取

・腸内細菌のバランスが崩れている

 

本来、

 

腸の細胞と細胞はきっちりと閉じているのですが、

これでは栄養素を体内に取り込むことができません。

 

そこで「ゾヌリン」という物質が

この細胞のつながりを「適度に」緩め、

 

栄養を体内に取り込みやすくしています。

 

しかし、

 

グルテン(小麦)の元となる

「グリアジン」というたんぱく質は、

 

腸にたどり着くと「ゾヌリン」の分泌を活性化してしまいます。

 

慢性的な小麦の摂取により、

ゾヌリンの分泌が過剰に活性化してしまうと、

 

徐々に腸の細胞が緩んでいき、

最終的には内容物が漏れ出してしまうのです。

 

ただ、腸内細菌のバランスが整っていれば

多少小麦を食べたところで、このような現象は起きません。

 

腸内細菌がしっかり生息しており、

かつバランスの整っている方の腸内では

 

腸内細菌が腸内の粘膜の形成を助け、

グリアジンによる刺激から腸を守ったり、

 

細胞の緩みの修復を助けてくれるからです。

 

もし、腸内細菌のバランスが崩れている状態で

慢性的な小麦の摂取があると、

 

リーキーガットを引き起こす可能性が高まります。

 

上記のような理由から、

 

例えば感染症やピロリ菌除去のために

「抗生物質」を飲んだ後に発症することもあります。

 

治療で抗生物質を飲んでから体調がなんだか優れない。

 

 

ピロリ菌除菌をしてから性格が変わった。

というケースをよく伺います。

 

リーキーガットの対処法

 

対処法は原因として挙げた二つを極力改善すること。

 

具体的には

・グルテンフリー

・菌ケア

 

の二つを実践することです。

 

特にグルテンフリーは非常に有効で、

慢性的な肌荒れが2週間のグルテンフリー実践で

 

ぐっと落ち着くこともあります。

 

ただ、現代社会に置いて「小麦を一切食べない」のは、

非常に酷というもの……そこで「菌ケア」も併せて行うことが重要です。

 

特にリーキーガットの疑いがある場合は、

腸内細菌のバランスが悪くなっている可能性が濃厚です。

 

そこで、何はともあれまずは

「外からどんどん善玉菌を入れること」が重要です。

 

発酵食品を取るのも良いですが、

多くの論文では「手っ取り早く乳酸菌のサプリを投与する」方法をとっています。

 

加えて、日々の生活を少しずつ見直すことが必要です。

 

例えば、

夜のラーメン。

頻繁な飲み会。

例えば栄養の偏った食事などなど

 

 

腸内細菌に悪影響を与える要因を

少しずつ除去することが重要です。

 

最終的にはサプリメントを飲まなくても

腸内環境が整うところまで

 

生活スタイルを見直すことが良い効果をもたらします。

 

以上がリーキーガット症候群の

要因と対処法となります!

 

心当たりがある方は

ぜひ、こちらの投稿を参考にして下さい!

 

北宗真

JATI-ATI

JSA-CSPT

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP