MENU
CONTACT

【Dr.EAA成分事典】クエン酸をあなどるなかれ

こんにちは。Dr.トレーニング自由が丘店の豊田浩史です。


今回から筆者も開発に携わっているDr.EAAに含まれている成分について簡単に解説していきます。

今回は「クエン酸」についてです。
クエン酸は認知している方は多いと思いますが、詳しく働きについて理解している方は少ないのではないでしょうか?

クエン酸をは身近なため、あまり効果に期待されていないかとも多いとは思いますが、侮ると後悔することになります。

 

疲労回復効果

多くの方はクエン酸と聞くと疲労回復という効果を連想されると思います。
筆者もクエン酸の効果を真っ先にあげるとするならば疲労回復をあげます。

クエン酸とプラセボ群でストレスマーカー(疲労の指標)を比較したところ、物理的負荷の前に、生理学的ストレスマーカーとして測定された唾液クロモグラニンA(ストレスマーカー)は、プラセボを与えられたグループよりもクエン酸を与えられたグループで低かったことが分かりました。
また、身体的負荷の後、視覚的アナログ尺度で評価された主観的な倦怠感は、プラセボ群よりもクエン酸群の方が低かったと報告されています。(※1)

つまり、ストレスマーカーからも疲労が軽減されていることが分かり、それに加えて主観的に疲労減少しているということですね。

この研究ではクエン酸の量は2700mgとなっております。
Dr.EAAの3倍の量となっているため、より疲労軽減を体感したい方はクエン酸の粉末を購入して添加すると良いでしょう。

筆者もトレーニング中のドリンクにはクエン酸を添加しています。酸味がきいたドリンクお好きの方はとてもおすすめです。

 

ミネラルの吸収促進

クエン酸は「キレート作用」によってミネラルの吸収を促進します。
キレート作用とは腸でミネラルが吸収される時に、ミネラルをイオン化して、キレートすることによって吸収を促進することです。
多くのミネラルのサプリメントはキレートした状態で販売されています。

このようなことから、クエン酸が入ったドリンクや食品を食前や食後に摂取することによって不足しやすいミネラルの吸収を助けてくれます。

特に植物性の鉄である、非ヘム鉄は非常に吸収が悪いのですが、クエン酸を摂取することによって吸収率が高くなります。
女性の多くは鉄が欠乏していますので、是非摂取して欲しい栄養素になります。

 

Dr.EAAは2月の下旬から販売が開始しますので是非購入して、これらの効果を体感してみてください。

参考文献
(※1)Effects of Citric Acid and l-Carnitine on Physical Fatiguem,2007 Nov;41(3):224-30.doi: 10.3164/jcbn.2007032.

 

筆者のSNS🔻
note https://note.com/toyo_fitness
Instagram https://www.instagram.com/hiroshi25.t/?hl=ja

最後まで読んでくださりありがとうございます。

Dr.トレーニング 豊田浩史

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP