MENU
CONTACT

【時間術】リモートワーク時代をハックせよ!

こんにちは!Dr.トレーニング自由が丘店の豊田浩史です。
筆者は栄養学の書籍や論文を読む以外に、ビジネス書などの実用書を月に4冊必ず読むことを習慣にしています。

そのような習慣を送っていると、周りからお勧めの本を聞かれることが多々あります。
そこで必ず勧める本が何冊かあるのですが、今回はその中の一冊を紹介します。

その本はGoogleで働かれていたジェイク・ナップ氏とジョン・ゼラツキー氏が書かれた「時間術大全」です。

このブログを読んでいる志高いあなたはすでに読んでいるのかもしれませんが、、、

リモートワークが普及したことで、時間で評価されるのではなく、結果で評価される時代に変化しつつあります。
そのような時代には、時間を効率的に使い、仕事の生産性をあげることが重要になります。

そこで、今回は筆者がこの本で紹介されている内容を実践して、効果の高かったものを紹介します。

 

通知をOFFにする

これは筆者も2年間続けている内容になります。
通知は人間の注意を引きつけ、集中力を低下させます。

思い浮かべてみてください。
仕事の作業がノリに乗ってきた時に、スマホが「ピロン」となり作業から気が散る。
こんなことを繰り返していたら、生産性は下がります。
作業中にスマホが鳴ったら、筆者は野球部だった経験を生かして、スマホを100m先に投げます。

ある報告では、一度気が散ってしまうと、再びフロー(集中している状態)に戻るのに15分かかるとされています。

「仕事の連絡はどうするのか?」という声が飛んできそうですが、心配ありません。
その対策として、スマホを確認する時間を決めれば良いのです。
本当に緊急の時は電話してきますので、電話のみは通知ONにしています。

この通知OFFにすると本当に作業の集中力が増すのを体感できます。

 

運動をする

20分の運動で、認知機能と健康、気分の向上を得ることが報告されています。
運動は時間を消費するのではなく、時間を作るのです。

第一次緊急事態制限の時に全てのジムが閉まってしまい、運動習慣が一時的に途切れた時に、集中力が低下を感じたのを今でも覚えています。

というわけで、お近くのDr.トレーニングを予約してトレーニングしていきましょう。

 

朝の時間を投資する

朝の起きてからの2〜3時間はゴールデンタイムと呼ばれ、最も生産性が高い時間になります。
そのような時間をグダグダと過ごすのは人生の歩みを止めているのと等しい所業。

この時間に一番難しい仕事や難易度の高い勉強をすることが大切になります。
朝の時間を大切にしている人として有名なのが、amazon創業者のジェフ・ベゾス氏が有名ですね。

筆者もこの習慣を見習って、起きてから最低2時間は勉強する時間にすることにしています。
この習慣を始めて早2年ですが、この習慣のおかげでかなり成長できたと感じています。

 

筆者のSNS🔻
note https://note.com/toyo_fitness
Instagram https://www.instagram.com/hiroshi25.t/?hl=ja

最後まで読んでくださりありがとうございます。

Dr.トレーニング 豊田浩史

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら
 

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP