MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

肩こり・腰痛で悩んでいるあなた!○○動かせますか?

みなさん、おはこんばんちは!

 

 

自由が丘にあるパーソナルジム

Dr.トレーニング北です!

 

最近、

店長プレゼンに落ちて

 

ショックを受けるどころか、より結果を出してやろうと燃えております!

 


 

もうすぐ4月になりますが、、

 

去年の4月に緊急事態宣言が発令されあっという間に1年が経とうとしております。

 

自宅でのデスクワークが増え、それに比例して肩こりや腰痛になる方も増えているのが現状です。

 

僕のお客様にもデスクワークによる肩こりや腰痛に悩まされているお客様は少なくありません。

 

というか10人中10人レベル

 

ずっと同じ姿勢のままで仕事

それが悪い姿勢だったら、、、

 

間違いなく腰・肩が痛くなりますよね。

 

 

今回は肩こりや腰痛に悩んでいる方に対しておすすめのエクササイズを

ブログにて紹介させていただきたいと思います!

 

 

〜〇〇を動かせ〜

 

今回のブログタイトルにもありますが

 

結論から言いますと、

 

胸椎を動かせ

 

肩こり・腰痛には人によって原因は様々ですが、

 

共通して胸椎が動いていない方が本当に多くいらっしゃいます。

 

〜胸椎の役割〜

 

胸椎とは簡単に言いますと、

胸のあたりの背骨です!

 

 

ランドマーク(目印)

首の付け根の盛り上がっている骨(第7頸椎)の下〜一番下の肋骨のあたり(第12肋骨)

 

この胸椎には役割があります!

 

それは可動性(Mobility)です!

※joint by joint 理論

 

しっかりとした可動域を出すことができないと

 

胸椎付近の各関節にエラー(代償動作)

が起きたりだとかなにかしら身体に影響を与えてしまいます!

 

デスクワークなど上半身が丸まった状態が続くと

胸椎の動きが出せにくくなってしまいます。

 

※胸椎だけでなく、それぞれの筋肉のタイトネスが原因でもありますが

今回は胸椎にフォーカスして進めていきます。

 

なので、お仕事の合間にできる

 

胸椎の動きを出していく

胸椎Mobilityエクササイズを紹介していきたいと思います!

 

 

〜胸椎Mobilityエクササイズ〜

 

《wall ヒップヒンジ ランバーロックpoji》

 

① 壁から約1m離れたところから手を壁に付き、壁を押しながらお尻を後ろに引く(ヒップヒンジ)

 

② ①の状態から胸を地面に近づける

 

②の状態で5秒キープ、5秒休憩を繰り返してみてください!

 

ポイント:肩がすくまないように行う

 

胸を張るためには胸椎の伸展という動きの獲得が必要です!

 

背中のあたりに普段感じることのない感覚があるとバッチリです!

 

普段あまり使われることのない筋肉(僧帽筋の下部)に刺激が入ります!

 

《アームスイープ》

 

①枕やクッションなどに頭を乗せて写真のようなポジションになる

 

②①の状態から胸を開くように手を反対側に開いていく

 

②の状態で5秒キープ、5秒休憩を繰り返してみてください!

 

ポイント:手だけで行かないように目線は指先

 

胸椎の進展に加え、

 

胸椎含む脊柱(背骨)は3Dで動くため

体をひねる動き(回旋運動)の獲得も必要になります!

 

日常生活では無い動きですのでこちらの種目で回旋の動作を行っていきましょう!

 

以上が胸椎の動きを出していく

おすすめの胸椎Mobilityエクササイズの紹介でした!

 

どちらもトレーニングツールの必要もなく、簡単にご自宅で行うことができますで

ぜひデスクワークの合間に行ってみてください!

 

それでは皆さん!

 

コロナに負けずにお仕事頑張ってください!

 

Dr.トレーニング 自由が丘店

 

北宗真

 

JATI-AT

JSA-CSPT

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉
03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2
自由が丘カントリー倶楽部 1階
《営業時間》8:00~22:00 不定休

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP