MENU
CONTACT

歩くのが辛いあなた!〇〇動かせますか?

 

おはこんばんちは!!

 

Dr.トレーニング自由が丘店の北です!!

先日、約8ヶ月ぶりに

金髪から黒髪に戻して大人っぽくなりました笑

 

 


 

 

今回は緊急事態宣言が明け、

 

歩く時間が増えたことによって

起こりうるお身体の不調やその原因・改善エクササイズを紹介させていただきます!

 

 

〜〇〇を動かせ〜

 

【結論】

 

-足関節(足首)を動かせ-

 

前回の僕のブログに引き続き

〇〇を動かせシリーズ第二弾です!

 

第一弾のブログはこちら

 

肩こり・腰痛で悩んでいるあなた!○○動かせますか?

 

しばらくの間、外出を自粛してた方が

いきなり歩く時間が増えると

 

・腰が痛い

・膝が痛い

・足裏が痛い

・疲れやすい

 

 

などの諸症状が出てくる方が増えてきます。

 

もちろん様々な要因が考えられますが、

足関節の可動域制限について深ぼっていきましょう!

 

〜足関節の役割〜

 

足関節は足首のことです!!

 

第一弾の胸椎編と同じく

足関節も「可動性」(Mobility)という役割があります!

※joint by joint理論

 

足関節の可動域が正常に出ないと

膝関節、股関節を中心に負担が増えて

 

膝や腰の痛みに繋がってきてしまいます。。

 

 

〜足関節の可動域制限の原因〜

 

足関節は

左右上下様々な動きのある関節となります。

 

その中でも「背屈」といって

つま先を上に上げる動きに制限がある方が多くいらっしゃいます。

 

背屈制限の原因には様々な原因がありますが

 

主な原因として2つございます。

 

1足首を動かす筋肉の柔軟性低下(前脛骨筋、腓骨筋、長趾伸筋、腓腹筋、ヒラメ筋など)

 

2距骨の前方移動

 

この2つの原因に対してご自宅でも簡単にできる

おすすめの足関節Mobilityエクササイズを紹介していきます!!

 

 

〜足関節Mobilityエクササイズ〜

 

《カーフストレッチ》

 

 

①壁に手をつき、ストレッチする方の足を後ろに引く

 

②①の状態から体重を前にかけていく

 

後ろ足のふくらはぎにストレッチ感がある状態で5秒キープ

 

ポイント:ストレッチを行う足のつま先を真っ直ぐに向ける

 

普段伸びることがほとんどない

腓腹筋やヒラメ筋にストレッチがかかり、

 

柔軟性upはもちろん血流が良くなり、浮腫みや冷え性などの改善にも効果的です!

 

特にデスクワーカーの方には是非とも行っていただきたいです!

 

 

《アンクルモビリティ》

 

 

 

①片膝立ちになり、足首の付け根あたりを両方の親指で軽く手前に押す

 

 

②①の状態から足首を支点に膝を前に出していく

 

ポイント:かかとが浮かないように行う

 

距骨の前方移動が原因で足関節の可動域制限がある方におすすめです!

 

前方に移動してきやすい距骨を後方に滑り込ませて足関節自体の動きをスムーズにする効果があります!

 

 


 

 

以上が足関節の可動域制限の各原因に対しての

おすすめのエクササイズのなります!

 

日常で悩んでいる方だけでなく、

トレーニングを行われている方も足関節の動きが正常でないと様々な代償動作に繋がります。

 

今一度、足関節がしっかりと動くかチェックをしてみてください!

 

Dr.トレーニング 自由が丘店

北宗真

JATI-ATI

JSA-CSTP

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP