MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

回旋スポーツをしている方、必見です!!!!part.2

みなさん、こんにちは!

 

自由が丘店の織田です!

 

あっという間に2021年も4月になってしまいましたね💦

 

 

実は、最近個人的に嬉しいことがありました!!

 

それは、、、、、

 

彼女ができました!!!!!🌸🌸🌸

 

 

4月1日は何の日か、みなさんわかりますか??

 

ちょっとだけ、周りの人に優しい嘘をつける

 

エイプリルフール」ですね!

 

本当だったら嬉しいですが、フィクションです😭😭

 

(自虐ネタでメンタルを鍛えるためのアクションですので、ご了承ください🙇‍♂️)

 

 

前置きはこのくらいで、今回のブログは以前投稿しました

 

「回旋スポーツ」のpart.2になります!

 

 

それでは、内容に入っていきましょう⤴️⤴️

 

 

前回の復習

 

単純に胸椎回旋をするためには、胸椎の可動域を出すといいのは、

 

前回のブログで書かせていただきました!

 

 

それでは、回旋スポーツで何が大事か、みなさんはわかりますか?

 

 

それは運動連鎖が大事だと言われています!

 

 

なぜなら、人間の動作の中で同じ動きは一度たりともないからです!

 

 

え、プロアスリートの選手はみんな同じ動きしてるじゃん!!!!

 

 

そう思いますよね!

 

 

 

僕もそう思っていました(〃ω〃)

 

 

 

トレーナー的な解釈で見ると、身体の使い方を解説した

 

 

バイオメカニクスよりも、運動連鎖を意識した方がトレーニングの

 

 

効率を高められると考えられています!

 

 

ただ、それは簡単なことではありません。。。

 

 

部活動を経験された方であればわかると思いますが、

 

 

繰り返し反復練習をして、それを実際の試合で出せるようにした

 

 

記憶があると思います!

 

 

それと同じことをトレーニングでもしていきます!

 

 

プロアスリートもやっていることは変わりません!

 

 

 

みなさんも努力の天才になれれば、プロにも負けない動作が

 

 

できるようになると思います!

 

 

何度も反復練習をすることで、無駄な動きがなくなってきて、

 

 

対象部位の筋肉に刺激が入り、筋肉が成長していきます!

 

 

何事もコツコツ継続することが大事ですね!!!!

 

 

 

アトラクターとは????

 

 

いきなり専門用語になってしまいましたが、

 

 

「アトラクター」という言葉を聞いたことはありますか??

 

 

(ないでーす☺️☺️)

 

 

ありがとうございます!!!!

 

 

アトラクターとは、

 

 

動作を習得する上で外してはいけない要素という意味です!

 

 

要約すると、絶対にやってほしい動きのことです!

 

 

 

ボールを投げる動作で例を挙げると、

 

 

ボールを握る、肘を曲げる、手首を曲げるなど

 

 

その動作の中で外してしまうと動きが成り立たなくなるものが

 

 

アトラクターというものになります!

 

 

 

ですので、動きがぎこちない、うまくできないなどの悩みがある方は

 

 

このアトラクターを意識することで解決できる可能性が高いです!

 

 

カメラで動画を撮って、それを見て動きの修正をするなどができます!

 

 

 

Motor Variability

 

 

モーターバリアビリティ(様々な動きができる、対応できる状態)

 

 

この考え方も重要になってきます!

 

 

ポイントとなるのは3つあります!

 

 

1.運動が実行される環境

 

 

どんな外的要因のもと、トレーニングをしているのか?

 

 

光の具合、室内or屋外、時間などいつも同じ条件ではないので、

 

 

それに対応できるかどうか。

 

 

2.トレーニングしている時の動き(タスク)の多さ

 

 

これは代償動作と言われる理想の動きとのズレ、

 

 

対象部位ではない筋肉の使い方をどれだけなくせるかが重要です!

 

 

3.運動を実行している生体

 

 

これは人それぞれ身体の作りが違っている(身長、身体の硬さなど)ので、

 

 

一人ひとりに合わせたフォームを習得してもらうことが必要です!

 

 

これらのポイントを押さえたトレーニングをしていくことが

 

 

回旋スポーツだけでなく、トレーニングを行っている全ての人の

 

 

トレーニング効率を高めるためには大事になります!

 

 

 

次回のpart.3では実際のエクササイズの紹介をしていきます!

 

 

お楽しみに!!!!

 

 

今回のブログの担当は織田でした!!

 

 

ありがとうございました☺️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP