MENU
CONTACT

回旋スポーツをしている方、必見です!!!!part.3

みなさん、こんにちは!

 

Dr.トレーニング自由が丘店の織田です!

 

 

突然ですが、みなさんは最近感動したことはありますか??

 

僕は・・・あります☺️

 

先日友達と一緒にある場所にご飯を食べにいきました。

 

そこは、「筋肉食堂」です!

 

明らかに筋肉がつきそうな、トレーニーが喜びそうなネーミングのお店ですよね!!

 

働いているスタッフの方が、みんなマッチョでした(腕から足が生えてるみたいでした)

 

食べたのは、鶏胸肉の蒸しステーキ(ミディアムレア)で、しっとりしたお肉から出る肉汁がたまりませんでした🤤

 

ぜひみなさんも行ってみてください!!

 

 

いざ、実践編!!

 

 

それでは、part1、2で紹介した内容を元にしたエクササイズを紹介していきます!

 

 

スクワットROT

 

 

 

ディープスクワットの状態で胸椎(胸からおへそあたり)を回旋させるエクササイズ。

 

<メリット>

 

・上半身と下半身の分離動作(バラバラに動かす)が習得できる

 

・胸椎の可動域が広がって、捻転(ひねる動作)がしやすくなる

 

・肩甲骨の内側が背骨に向かって動くため、肩や首付近の筋肉(僧帽筋、菱形筋など)がほぐれて、肩こり改善にも繋がる

 

・関節のポジションが整う

 

 

<やり方>

 

1.和式トイレでしゃがむように深くしゃがむ

 

2.手を胸の前から自分が開く限界のところまで開いていく

 

3.最後のポジションで大きく息を吐いて元の位置に戻ってくる

 

 

<ポイント>

 

・体幹を安定させた状態で行う

 

・しゃがんだ状態で膝が内側に入らない(ニーイン)ように肘で押さえる

 

・回旋していく時に、目線は手を追っていく

 

※深くしゃがむことができない方は、かかとに雑誌などを噛ませて行うと、足首の硬さがあってもできます。

 

 

スパインウェーブ

 

 

 

 

体を波打たせるように、頸椎・胸椎・腰椎を順番に動かして、可動域を広げるエクササイズ。

 

 

<メリット>

 

・各関節を自分で制御する能力(モーターコントロール)が身に付く

 

・投げる、しゃがむ、歩行などの動作で必要な動きの習得に繋がる

 

 

<やり方>

 

1.臀部にかかとがついた状態で、手を前に出していく

 

2.お尻を天井に向かって突き上げていきながら、一緒に膝も伸ばす(胸椎屈曲)

 

3.腰椎・胸椎・頸椎の順番で体を床に下ろしていく

 

4.頸椎まで動かしたら、目線は天井を見るようにするのがエンドポジション

 

 

<ポイント>

 

・臀部を締めて、腰椎・胸椎・頸椎の順番で伸展(体を反る動作)していく

→戻る時はその逆パターンで行う

 

・腰だけで反らない

 

・腕で体を持ち上げた時は、肩甲骨を外側に押し出すように意識する

 

 

実践、そして継続あるのみ!!

 

今回紹介したエクササイズですが、強度は高いものではないので、どんな目的、年代の方にも実践していただけるものとなっています!

 

ですが、トレーニングは一回だけ行っても効果は出にくいです!

 

みなさんは箸を使えるまでどのくらい練習しましたか?

 

1日でマスターできたという方はあまりいないのではないでしょうか。

 

 

そうなんです、何事も反復練習、継続することが大事なんです!

 

一度やってみて、できないからやーめたと諦めたらもったいないです!

 

ぜひ何度もやってみて、自分の実感があるまで継続してみてください!

 

 

実際にトレーニングを受けてみたい方は、ぜひDr.トレーニング自由が丘店にお越しください!

 

楽しみながら、体を変えていきましょう!

 

 

今回のブログ担当は織田でした!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました☺️

 

■Dr.トレーニング自由が丘店

自由が丘の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング自由が丘店〉

03-6715-6043

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-31-2 自由が丘カントリー倶楽部 1階
>自由が丘のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>自由が丘のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP