MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

高齢者のつまずき防止!コロナ明けに楽しくお散歩!

こんにちは!

Dr.トレーニング奥沢店安達です❗️

かなり暑くなってきましたがみなさん衣替えなどは終わりましたか?😊

 

衣服で体調管理を調整していきましょう!

 

さて、今回は『高齢者の転倒』についてのお話しです

高齢者で一番多いのがこの転倒。

 

高齢者の骨折に多い大腿骨頸部骨折のほとんどははこの転倒から来ています

転倒してしまい動けなくなってしまい、認知症や骨密度の低下などを引き起こしたが故にまた転倒してしまう。

という悪循環にもなりかねないのでしっかり対策をしていく必要があります

 

 

転倒の原因

<内的要因>

🔴視力障害;白内障、緑内障、近視遠視など

→目で見ることによる情報が少なくなる

 

🔴聴覚障害

→音による空間認知能力が低下し人や物と衝突

🔴筋力低下

→『足を上げて下ろす』の動作がうまく行えない

 

🔴骨関節障害;変形性膝関節症、骨粗鬆症

→骨や関節に何らかの疾患がある

 

<外的要因>

大きい段差 階段 滑りやすい床

不適切な杖や靴の使用

 

 

今回は代表的なものだけ挙げさせていただきました❗️

 

この中でも我々Dr.トレーニングが一番得意としている“筋力低下”の改善を今日はお話しできたらと思います💪

 

転倒防止エクササイズ❗️

まずつまずくのを防ぐためには足をしっかり上げていく必要があります。

 

股関節の屈曲『膝を高くあげる』

足関節の背屈『足首を上に持ち上げる』

この二つをしっかり行う必要があります。

それをやるためには

 

腸腰筋(股関節屈曲筋)

前傾骨筋(足関節背屈筋)

 

この二つを鍛えます❗️

ただし注意点。

 

この運動は筋肉を大きくするのが目的ではなく、つまずき防止のための運動なので『前脛骨筋、鍛えたいから足首パタパタやるか〜❗️❗️』これはN G🙅‍♂️です。

理由は簡単

足速くなりたいからってスクワットばかりやっても何となく無理そうですよね?それと一緒で、より実際に近い形で運動をしていく必要があります。

 

そこでおすすめなのが

踏み台運動

やり方

台を用意して登って降りてを繰り返す。

この時しっかり股関節屈曲&足関節背屈

(ももをしっかり上げて、足首も上げます。)

ここで注意点が2つ

  • ゆっくりやりすぎない

トレーニングをしていくとその動きに脳は慣れてきてより無意識で行うことができるようになります。

転倒を防ぐにはつまずきそうな時にササっと次の足がでないと行けないのでできるだけ早いスピードで行う必要があります。

 

  • 脳トレ

ある程度踏み台運動に慣れてくるとその動きのパフォーマンスだけが上がってしまうのでより実践に近づけるためには“脳”を使う必要があります。

例えば台の上で手を上げてみたり、着いた足から上がってみるなど。簡単で良いので動きに変化をつけてあげると良いですね❗️

 

*ルービックキューブは素人には“脳トレ”になりますが、プロの領域まで行けばあれはただの“作業”なのと一緒です

 

今回は高齢者のつまずく原因と対策についてお話をしました。

踏み台運動は自宅でも簡単に行えるエクササイズですのでやってみても良いかもしれないですね❗️

ただやはりリスク管理などが怖いという場合には、我々Dr.トレーニングに任せてください。

 

他にもボディメイクだけじゃなく、リハビリやマタニティトレーニングなども承っているので是非ご相談ください✨

 

 

 

 

■Dr.トレーニング奥沢店

奥沢の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング奥沢店〉

03-6421-9190

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢3-35-9 エスペランサ奥沢1階
>奥沢のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>奥沢のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP